「電力」カテゴリーアーカイブ

蓄電池で電気代を削減しよう

「蓄電池を設置するメリットが知りたい」
「蓄電池って何?」
「エスコシステムズのサービス内容が知りたい」

近年では年々電気代が上昇傾向にあり、出来る限り光熱費を安く抑えたいと考える家庭が増加傾向にあります。
電気代を削減するための1つの方法して、蓄電池の導入を考える人も多いことでしょう。
最大の特徴は電気代を抑えられることであり、料金設定が安い深夜電力を蓄えて昼の時間内に使用することにより、電気代を安く抑えることができるのです。

関連サイト
エスコシステムズ
蓄電池は必要なのか?メリット・デメリットや補助金まで紹介!

エスコシステムズも提案する蓄電池の導入

一般的に電気料金は昼間と比べると深夜の方が安く設定されているのが実情です。
電力会社により様々なプランが設定されていて、具体例を挙げると東京電力の場合には、夜とく8というプランがあり、午後11時から午前7時の単価は昼間の単価と比べると大きく抑えられています。
しかし通常の料金プランと比べると、昼間の電気料金が割高になることを覚えておきましょう。
会社や学校に行き日中自宅に人がいないという場合には、高い電気料金設定の昼間の電気使用量が少ないことから、うまくプランを選ぶことにより、電気代を安く抑えられるはずです。
一般的に単価の安い深夜電力を蓄えることで、さらにお得に利用することができるでしょう。
そもそもなぜ深夜電力が安く設定されているのかと言うと、供給量は人々の活動量に比例しているからです。
昼間の時間帯は供給量が多く、深夜は少ないのが一般的だと言うことです。
供給量に伴って電気料金の単価も異なり、昼間と比べると深夜の方が安く設定されるのです。

エスコシステムズは何の会社か

電力会社により単価が安くなる時間帯は大きく違いがある

電力供給能力に余裕がある深夜に出来る限り多くの人に使用してもらうために、深夜電力の単価を安くする事は、電力会社なりの工夫です。
電力会社により単価が安くなる時間帯は大きく違いがあります。
電気代の削減を目的とする場合には、プランを細部までチェックすることが大切です。
電気代を安くするための方法の1つが蓄電池の導入ですが、実際にどれぐらい安くなるのかと気になる人も多いことでしょう。
実際に比較してみると導入前後では1日あたり約90円ほどの差が生まれます。
導入することで充電した電力を使うことができるため、昼間の電気使用量が大きく減るのです。
その分電気代が安くなって、1ヵ月あたりに換算した場合には、約2700円ほどは安くなると言われています。

太陽光発電を併用したダブル発電

電気代をさらに安く抑えたいと考えているのであれば、太陽光発電との組み合わせがお勧めです。
現在生活している住宅に後付けすることもできます。
太陽光発電を併用したダブル発電には多くのメリットがあると言えるでしょう。
そもそもダブル発電とは、太陽光発電と一緒に蓄電池、電気自動車等を併用する方法のことを指しています。
太陽光発電を稼働している間に家庭で使う電力を賄うと、その分余剰電力が増えるので売電量が増えると言うことです。
このことを押し上げ効果と呼んでいて、ダブル発電の大きな特徴と言えるでしょう。
その一方で蓄電池を設置していたとしても、太陽光発電が稼働している間に放電しなければ、押し上げ効果にはならずダブル発電には該当しなくなってしまいます。

押し上げ効果で売電量が増える

ダブル発電のメリットに挙げられる事は、この押し上げ効果で売電量が増えることが挙げられます。
割安の深夜電力を蓄電池に蓄えた上で、昼間の時間帯に放電することで、太陽光で作った電力を多く売電できる仕組みです。
発電した電力を自家消費にも使うシングル発電と比べると、かなり売電収入が増えることが期待できます。
大陽光発電だけを導入すると、天気が悪い日は発電量は減ってしまいます。
夜間の時間帯には発電できないことも大きな弱点と言えるでしょう。
家庭で使う電力が太陽光で賄えなくなれば、不足した電力は電力会社から買わなければなりません。
自家消費を安定させたいのであれば、太陽光発電だけでは不十分であることがわかります。

太陽光発電で生じた余剰電力を蓄え不足する際に使うことができる

蓄電池を導入することにより、太陽光発電で生じた余剰電力を蓄え、不足する際に使うことができます。
天候や時間内により増加しがちだった売電の回数も足間が期待でき、おのずと電気代が安くなります。
なぜ今注目されているのかと言うと、電気代の値上がりが続いていることが挙げられます。
電気代を少しでも安くするためには、自家消費をするのがやはりお勧めの方法です。
また防災意識が高まっていることも1つに挙げられるでしょう。
ここ10年を振り返ってみると、日本では多くの大規模停電が発生したことを覚えているでしょう。
これにより日本人の防災意識が高まっているのです。
2011年には東日本大震災が発生しましたが、この時にはなんと3ヶ月にわたって電気が使えない状況が続いた地域もありました。
台風で停電することも多く、関東地方でも2週間以上停電が続いたこともあったのです。

まとめ

電気が使えない状態が続けば、生活が不自由になります。
このような時に電気を貯めておくことができれば、たとえ停電したとしても蓄えた分だけ電気を使うことが可能です。
自力で確保できることが大きな強みと言えるでしょう。
防災意識が高まったことで、普及率も大きな影響を与えています。

ポータブル電源を活用するアイデア

家電が外に持ち出せるポータブル電源は、それだけで可能性を秘めているといえますが、やはりアイデアを活かして賢く活用したいものです。
家庭内で使う場合は、コンセントのない場所に置いておくと、そこが簡易的なスマートフォンの充電スペースになります。
スマートフォンくらいのバッテリーの容量なら余裕で充電できるので、例えば携帯ゲーム機やモバイルバッテリーの充電に活用するのもありでしょう。

家の外でテントを張って天体観測をする時にも役立つ

本格的なアウトドアにも活躍しますが、家の外でテントを張って天体観測をする時にも役立ちます。
照明器具と冷温庫、扇風機や電気毛布の電力をまかなえるくらいの容量はあるので、夏でも冬でも簡易的なテント生活が楽しめます。
充電の度にコンセントのある場所まで持ち運ばなくてはいけないのは欠点ですが、大容量なポータブル電源なら充電回数が減るので便利です。
外に家庭用の家電が持ち出せると、アウトドアの快適性が大幅にアップしますし、今までできなかったことができるようになります。
火を使わない湯沸かしや炊飯もお手の物ですが、パンが焼けるとなればアウトドアの楽しみ方は格段に広がるでしょう。
車載用の冷凍庫は消費電力に対して性能が高いですから、ポータブル電源と組み合わせることによって、外でキンキンに冷えたビールやカチカチのアイスも味わえます。

ポータブル電源は文字通り持ち運べる電源

モバイルバッテリーだと充電器止まりですが、ポータブル電源は文字通り持ち運べる電源になります。
充電用途だけに使用するのは勿体ないですし、積極的に活用しても容量的に余裕がありますから、もっとアイデアを出して価値を引き出したいところです。
車中泊では何かと車のバッテリーを消費しますが、容量的に厳しくて本格的な家電の使用は難しく、精々扇風機で寝苦しさを緩和するくらいです。
しかし、ポータブル電源があれば簡易的な冷房が活用できたり、冷蔵庫や冷凍庫も使えるようになるわけです。
冬は冬で暖房に使うことが可能ですから、寒さを我慢して過ごす必要はなくなります。

パソコンの非常用バッテリーとして使うと安心

特に用途が思い浮かばなくて持て余してしまう、そういう時はパソコンの非常用バッテリーとして使うと安心です。
バッテリー内蔵のノートパソコンなら心配ないですが、デスクトップ型だと停電の瞬間に作業中のデータが飛んでしまいます。
停電から復旧して無事に電源が入ったとしても、失われたデータは戻ってきませんから、作業に使った労力も時間も台無しになります。
その点、無停電電源装置のUPSとして使える製品を手元に置いておけば、万が一の停電とそれによる損害を防ぐことができます。