「仕事」カテゴリーアーカイブ

【光本勇介】スタートアップについて正確な知識を身につけよう

「ベンチャーとスタートアップの違いが知りたい」
「光本勇介氏の起業家の精神を学びたい」
「スタートアップで最も重要なことは?」

スタートアップという言葉の認知度が上がってきましたが、正確な意味を把握しているビジネスマンは多くありません。
ベンチャー企業と同一視している人もいますが、両者は異なるものなので誤解しないでください。
類似点と相違点の両方をしっかり把握しておくことがポイントになります。

【関連リンク】
光本勇介の経歴/人物像、起業/売却した会社やサービスについてまとめました。

スタートアップは新しいサービスや商品を提供している

類似点としてよく挙げられるのは、新しいサービスや商品を提供していることです。
また、大企業のような規模の経営は行っておらず、基本的には中小企業に該当します。
つまり、ビジネスの姿勢や環境だけを見ていると、区別するのが難しくなるのは当然といえます。
それら以外の面に違いがあるので、それらに着目するように心がけましょう。
代表的なのはイノベーションの有無であり、この点だけをピックアップしても明らかな差があります。
ベンチャーは新しいサービスや商材を扱いますが、それらは無から生み出されたものではありません。
先行する大手企業が手がけているものを発展させる形になっているのが一般的です。
だからといって劣っているわけではなく、大半のビジネスは既存のアイデアを洗練化で成り立っています。
その繰り返しにより、ビジネスのみならず文化は進歩してきました。
それを効率よく実施していく企業こそがベンチャーというわけです。

証券会社について教えて下さい。

ベンチャーはある程度の保険がある状況で事業の展開が可能

スモールビジネスだからこそ、小回りが利くフットワークで効率よく取り組んでいます。
すでに存在する市場で勝負するので、まったく受け入れらないという事態にはなりません。
すなわち、ある程度の保険がある状況で事業の展開が可能になっています。
成功した実績のあるビジネスモデルを踏襲するので、収益の安定を図りたい場合にうってつけです。
必ずしも成功するとは限りませんが、かなり高い確率で企業を安定させることを見込めます。
比較的にペースにゆとりが生まれやすく、その分だけ社内体制の整備にリソースを注ぎやすいです。
従業員の教育を着実に実施したい経営者にも適しています。
このことからも、世間のイメージほどベンチャーはリスキーな存在ではないと分かるでしょう。

スタートアップは社会にもたらす変革にまで繋がっていく

一方、スタートアップは本当の意味で創造を行わなければなりません。
それによってイノベーションが起こり、社会にもたらす変革にまで繋がっていきます。
単純に自社の売上が伸びるだけでなく、人々の暮らしのステージを押し上げることも珍しくありません。
新しいサービスや商材をリリースする点は変わりませんが、その先にある結果に用いられる指標は大きく異なります。
あくまでも社会の変革の有無によって判断されることを覚えておきましょう。
そう言われると、社会貢献度の高さで判断されると思うかもしれません。
結果的に貢献しているケースは多いですが、それは創業者の目標を成し遂げた先に待っている副産物です。
企業の理念に従って邁進することが大切な条件となっています。

スタートアップで必須は即戦力として働ける人材

スタートアップで必須といえるのは、即戦力として働ける人材です。
一から教育していたのでは、他の企業に追い抜かれてしまう可能性もあるでしょう。
短期間で成果を次々と重ねていく必要があるため、悠長に構えている余裕は少しもありません。
最初からフルスロットルで経営を軌道に乗せ、さらに事業を拡大していく意気込みで取り組みます。
その先にビジネスチャンスがあると分かれば、利益を得ようとして大手企業なども参入してきます。
それを受けて焦るのではなく、振り切るだけの成長エンジンを持っていることが不可欠です。
その原動力になるのが優秀な人材であり、ヘッドハンティングも含めて、あらゆる手段を使って確保しなければなりません。
そういう意味では出口戦略を強く意識することも必要です。

スタートアップは早期の利益回収に全力を尽くす

ベンチャーは比較的長い時間を使って戦略を実行します。
無事に上場した場合でも、当面は組織の構造を変えずに様子を見ることも多いです。
他社の動向をうかがいながら、最適な手段を探っていくことがセオリーとなっています。
スタートアップはそのようなスタンスではなく、早期の利益回収に全力を尽くすことになるのです。
その後に企業を発展させるのではなく、M&Aに移行するケースも珍しくありません。
早期の売却で資金を確保し、新しいビジネスを展開するケースがよくあります。
それゆえビジネスゲームを繰り広げるピースとして扱われがちです。
さらに資金調達の方法にも顕著な違いがあります。
ベンチャーは事業計画の信頼性が高いため、金融機関の融資を受けやすいという特徴があります。
助成金などの審査も通りやすく、自己資金が少なくても始めやすいことがメリットです。

まとめ

スタートアップはそれほど信頼性が高くないので、別の方法で資金を用意しなければなりません。
まだ存在しないビジネスモデルには説得力がないため、金融機関が慎重になるのも無理のない話です。
収益の見通しを立てにくいので、投資家に頼る割合を高くせざるを得ません。
成長による高配当を期待してもらえるように、妥当性の感じられるプロモーションが必要になります。

これから一念発起して光本さんのような起業家になるなら

日本中のサラリーマンの全てが起業家になりたいわけでは無いですが、1部の人は会社を立ち上げたいと考えています。
会社を立ち上げる理由はいろいろありますが、大きく分けて2種類のものが存在します。

会社を立ち上げる2つの理由

1つ目はポジティブな理由によるものです。
自分が将来このような仕事をしたいので、それを自分が主体となってやっていきたいと考えるならば起業家が良いかもしれません。
つまり積極的な理由により会社を立ち上げようとする人がいます。
もう一つは、ネガティブな理由により起業しようとする人もいます。
具体的には、今勤務している会社が嫌なので自分で独立して仕事をしたいと言うものです。
一般的には前者の方が良いと言われていますが、必ずしもうまくいくかどうかはきっかけとあまり関係ありません。
きっかけ自体がネガティブなものであってもずっとネガティブな状態でいるとうまくいかないかもしれませんが、途中でやっていくうちに面白くなり、思わず人から喜ばれて人助けをしてしまったような場合はうまくいく可能性が高いです。

光本勇介氏のように成功するために

また、ネガティブな理由であっても、実はその仕事自体が自分自身に非常に向いており、才能を遺憾なく発揮した場合には光本勇介のように成功する可能性が高くなります。
逆にポジティブな理由であっても、人に被害を加えるような行為をしてしまったり、周りの空気を読まず人に迷惑をかけてしまう人は長い目で見てもうまくいきません。
また才能と全く関係ないような道に進んで仕事をする人は、いくらポジティブな理由からスタートしても、うまくいきにくいです。
このように考えると、スタート地点はどのような考え方であってもその後の問題の方が大きいといえます。
例えるなら、入り口はどこでもよく、出口さえしっかりしていれば問題ないといえます。

実際に起業家になった場合、本当に上手くいくのか?

では実際に起業家になった場合、本当に上手くいくのでしょうか。
これに関しては、ほとんどの場合スタート時点で転ぶかそれとも転ばずに続けるかで結果が決まってくるといいます。
あるデータによれば、会社を立ち上げた人の9割は、3年以内にやめています。
しかも8割ぐらいの人が途中でドロップアウトしてしまい、残りの2割しか3年以上継続できません。
しかもその残りの2割も半分位が5年ぐらい経過すると脱落してしまい、結果的に会社を立ち上げてから5年目で9割の人がいなくなっていく厳しい世界です。
逆に言えば、この時期さえ乗り越えれば多くの場合継続して仕事を続けることが可能です。

どのようにして乗り越えたら良いのか?

ではどのようにして乗り越えたら良いのでしょうか。
これに関してはいくつかの方法があり、少なくとも最初に無理をしないことが重要になります。
右も左もわからないうちは、勢いに任せてしまい気持ちが大きくなったことも相まってたくさんのお金を出してしまいがちです。
いわゆる初期費用に多くのお金を支払ってしまい、たくさんのお金を使えば成功するに違いないと考える人もいます。
ですが、それこそ転落する直前の段階と言え、そこからうまくいく人は珍しくなります。
例えば、リースの契約にたくさんのお金を使ってしまい、毎月の支払いが多くなり、結局黒字に転じることができないままお店を閉めてしまった人もいます。
あるいは、フランチャイズならばうまくいくに違いないと契約を結んでたくさんのお金を支払ったけど、結局場所が悪くありが商売の仕方がよくなかったため、3年で店を閉めなければならないようなこともあります。
特に飲食店に関しては、非常に移り変わりが激しく1つのところで長年継続するところは少ないです。
実際にいつも通勤途中にあった店が途中で閉店しているようなこともあります。
少し寂しい思いをする反面、それが現実は厳しいと他人ながら思い知る人もいるでしょう。

1番大きな問題はお金の問題

では、最初の段階でどのようにしたら失敗しないで続けることができるのか問題になります。
1番大きな問題は、お金の問題と言って良いかもしれません。
お金がたくさんあればあるほど、その人の生命力が強いのと同じくなります。
少し位失敗しても、それだけで転ぶようなことがなければとにかく続けることができ、成功する可能性は上がってきます。
そのためにはたくさんのお金を蓄えておくことが必要でしょう。
しかしながら、たくさんのお金を蓄える事は理屈としてわかっていても、誰もができることではありません。
やはり会社を立ち上げる場合、多くの人は十分なお金を持っていません。
多くの場合、お金を借りて返済ができなくなることからお金を借りずにスタートするのが良いです。
借りたとしても、確実に返済できるような金額にしておく必要があります。
最初の段階で、お金を借りるにしても毎月無理のない範囲で返済できるような仕組みを採用しなければいけません。
それと同時に、立ち上げた仕事以外のところから収入を得ておきましょう。
そうすると、会社員の人はなるべく仕事を辞めずにそのまま続けながら週末起業した方が良いです。

まとめ

一方で会社員をやめたい場合でもアルバイトや派遣社員等になり、一定の収入を稼いでおけば多少立ち上げた会社から収入が得られない時期が高くても、そこまで致命的な問題にはなりえません。

転職サービスに向いている人と一連の流れと心構え

別名「転職支援サイト」とも呼ばれている転職サービスは、一連の流れをサポートしてもらいたい人とキャリアアップをしたい人におすすめです。
混合されがちですが、転職サイトと転職サービスは別物で、前者は気になる求人があったら自分で申し込むサイト、後者は担当のアドバイザーと相談しながら面接の交渉をしてもらうサービスとなっています。
そのため、転職サイトは自分のペースで活動していきたい人や仕事のスキルや経験が浅い人、とりあえず活動したい人向きです。

関連サイト:キャリオク

 

未経験求人を扱っており手軽に応募できる

転職サイトは転職サービスとは違って未経験求人を扱っており、手軽に応募できます。
そのうえアドバイザーと合わせる必要がないため、自分の思うがままに動けるのがメリットです。
デメリットとして自己責任、応募書類の作成や面接の対策の質が甘くなってしまう事などが挙げられます。
反対に転職サービスは、そうした応募書類の作成や面接の対策が充実しているので、絶対に内定をもらいたい人に最適です。
もちろん、絶対に内定をもらえるとは確約できませんが、少なくとも転職サイトのデメリットである質の甘さを克服できます。
そうでなくても仕事をしながら、新しい職場を探すのは困難です。
何故なら、面接の予約や応募した企業との連絡など、調整しなければならない事が沢山あるからに尽きます。
こうした作業の代行をしてもらえる事が、このサービスのメリットですが、他にもメリットがあり、それがキャリアアップです。
キャリアアップが見込める求人はかなりのハイクラスで、かなりレアだったり公にできなかったりなど、少なくとも転職サイトで目にかける事はありません。
そうした求人ほど培ってきた経験やスキルを活かせるうえに、自分の可能性を育めるので将来性があります。

 

転職サービスを利用する際の流れ

もっとも今までの職種とは異なる業界にチャレンジする場合は、転職サイトのほうが最適です。
そんな転職サービスは多種多様なところがありますが、一連の流れは共通しています。
まず専用のサイトから登録を申し込み、そこでプロフィールとともに転職に関するニーズも記入していくスタートが共通点です。
また登録から転職までにかかるサービスは、全て無料となっています。
登録が済んだら、電話あるいはメールが来るまで待機です。
この間サービス側は記入したニーズをもとに、求人を調べ、情報をまとめています。
おおよそ登録から1週間かかりますが、連絡が来たら、今度は担当のアドバイザーと相談し、応募したい求人を選んでいくのが次の段階です。
「カウンセリング」とも呼ばれているこの段階は、場合によっては相談の受付が難しいものの、自身の希望や実績を伝えれば理想の求人を教えてくれるのは間違いありません。
担当のアドバイザーは客観的に吟味し、そのうえで独占している情報も含めて紹介してくれます。
独占している情報とは、一般的な求人サイトでは紹介されていないもので、なかには職場の雰囲気など実際に働くようになったら、気になる部分もあるのが特徴です。

 

面接の日程を決めるのは意外とかかる

利用者が担当のアドバイザーが提供した求人を選んだら、次は推薦となります。
職務経歴書や面接の対策をしていく段階がここであるものの、先述したようにサービス側が企業側との調整をしてくれるので、内定がとれる努力に集中しやすいです。
そしていよいよ面接していきますが、実は面接の日程を決めるのは意外とかかるため、注意しなければなりません。
そのため思ったより時間がかかったとしても、焦る必要はないです。
もしも面接で失敗しても、次の応募に活かせるようになっています。
内定が決まったとしても、今度は入社に向けた活動で忙しくなるので要注意です。
退職の準備を本格的にしつつ、年収のやり取りもしなければなりませんが、そこもサービス側が代行してくれます。
そして入社後も、転職したからこそ発生する悩みに電話もしくはメールで受付可能です。
もしかしたらサービスによっては、細かいところが違うかもしれませんが、基本的な流れはこうなっています。
ところで、転職サービスを利用する前に確かめなくてはならない事があるのは、案外、知られていないです。
その知られていない事とは転職で簡単に年収アップはできない事、現職を大切にする事、自分が求める理想の転職を言語化できなければつまづきやすい事の3つとなります。
勘違いされやすいですが、転職したとしても、年収がアップするのはその人の働きぶりを見てからです。
よって「給料が上がるのは2年ぐらいはかかる」と思い、新しい仕事につとめたほうが気が楽になります。

 

まとめ

現職を大切にする事は社会人として当然の義務で、もしも疎かにしたら同僚や上司に多大な迷惑がかかるだけではなく、それを耳にした転職先の企業がイメージダウンする恐れがあるので用心です。
そして、自分が求める理想の転職を言語化するのはかなり重要で、これができなければ「何だかしっくりこない」という理由で活動が上手くいかない可能性があります。